もうどこからもお金を借りられない

もうどこからもお金を借りられない

多重債務でブラックに。もうどこにもお金が借りれない時は

もうどこからもお金を借りれない。

多重債務に陥ってしまい、個人信用情報にはしっかりとブラックリストに載ってしまい、どこもお金を貸してくれないような状態になってしまったら、あなたはどうするでしょうか。

やはり、借金で非常に首が回らなくなってしまった人が考えるのが債務整理をするという方法でしょう。

以前は、グレーゾーン金利の頃に借りたお金を過払い請求することによって、払いすぎた利息を元金の返済にあてて借金が帳消しになってしまうようなケースもありましたが、グレーゾーン金利の時代からはかなり時が過ぎ、過払い請求がうまくいくケースも少なくなってきました。

過払い請求以外の債務整理の方法というと、任意整理か自己破産という形になります。

任意整理の方は、お金を貸した金融会社からすれば、多少なりとも貸し付けた元本を取り戻せる可能性がありますが、自己破産の方は、お金を貸した側からすれば、元本すらも全く回収することができなくなるため、大損害を受けてしまいます。

このため、ブラックリストに載る期間も任意整理であれば、5年で再び信用情報がリセットするのに対し、自己破産の場合は、7年から10年という長期間にわたりブラックリストに掲載し続けることになります。

ブラックリスト掲載中は当然ながら、金融業者から新たにお金を借りれたりすることは基本的にはできません。

自己破産によってブラックリストに掲載されていても、現在の収入などを考慮してお金を借りられる街金などの金融業者もありますが、良心的な金融会社でブラックOKのところはなかなかないと考えるべきです。
お金を借りる!ブラックOK街金融資情報はないのか?!

ネット副業で収入を増やして借金を完済する人も!

どうしても借金が多額になってしまうと、その借金を何とか帳消しにしてしまうことばかりを考えてしまいますが、基本的には、借りたお金はきちんと返済していくのが基本です。

現在よりもさらに収入を得る方法を考えるというのはどうでしょうか。

現在はインターネットを使った様々な副業が行われています。

海外の amazon.com で安く仕入れた商品を日本のアマゾンで販売する輸入転売という副業もあります。

日本と海外のオンラインショップの商品価格差を利用した利ざやを取っていく副業ですね。

他にもブックオフで販売されている中古の本をアマゾンマーケットプレイスで販売した場合、人気の本は、アマゾンで買ったお金よりもさらに高い金額で売れるケースがあります。こうしたせどりと呼ばれる副業でお小遣いを稼いでる方もいます。

元手がかからない副業ということで人気なのがアフィリエイトです。

アフィリエイトとは、自分のブログなどに様々な商品やサービスを紹介して、その紹介手数料を得るという副業です。

アフィリエイトだけで毎月数百万円を稼いで、アフィリエイトを専業にしてしまう人たちもいるほど稼げるネットビジネスと言われています。

インターネットを使った代表的な副業を紹介しましたが、他にも様々な副業があるでしょう。

自分の収入をふやすことによって、借りたお金をきちんと返済して行こうという考え方は、基本中の基本だと思います。

ご自身のできる範囲で頑張って取り組んでみてはいかがでしょうか。


ホーム